米国務省、これまで米対関係で課してきた自己規制を解除

米台関係の自粛解除

Lifting Self-Imposed Restrictions on the U.S.-Taiwan Relationship

米台関係の自粛解除

Taiwan is a vibrant democracy and reliable partner of the United States, and yet for several decades the State Department has created complex internal restrictions to regulate our diplomats, servicemembers, and other officials’ interactions with their Taiwanese counterparts. The United States government took these actions unilaterally, in an attempt to appease the Communist regime in Beijing. No more.

台湾は活気ある民主主義国家であり、米国の信頼できるパートナーであるが、数十年前から国務省は、
外交官や軍人、その他の役人の台湾人との交流を規制するために、複雑な内部制限を設けてきた。
米国政府は北京の共産党政権をなだめるために一方的にこのような行動をとった。
だが、もはや不要である。

Today I am announcing that I am lifting all of these self-imposed restrictions. Executive branch agencies should consider all “contact guidelines” regarding relations with Taiwan previously issued by the Department of State under authorities delegated to the Secretary of State to be null and void.

本日、私はこの自主規制を解除することを発表します。
行政機関は、これまで国務省が国務長官に委任した権限で発行してきた台湾との関係に関するすべての
「接触ガイドライン」を無効とします。

Additionally, any and all sections of the Foreign Affairs Manual or Foreign Affairs Handbook that convey authorities or otherwise purport to regulate executive branch engagement with Taiwan via any entity other than the American Institute in Taiwan (AIT) are also hereby voided. The executive branch‘s relations with Taiwan are to be handled by the non-profit AIT, as stipulated in the Taiwan Relations Act.

さらに、「外事マニュアル」や「外事ハンドブック」の中で、台湾のアメリカン・インスティチュート(AIT)以外の
組織を通じた行政府の台湾への関与を規制する権限を伝える、あるいはそうでなければ規制しようとしているすべての
セクションも、ここに無効とされている。
行政府の台湾との関係は、台湾関係法に規定されているように、非営利のAITによって処理されることになっている。

The United States government maintains relationships with unofficial partners around the world, and Taiwan is no exception. Our two democracies share common values of individual freedom, the rule of law, and a respect for human dignity. Today’s statement recognizes that the U.S.-Taiwan relationship need not, and should not, be shackled by self-imposed restrictions of our permanent bureaucracy.

米国政府は世界中の非公式パートナーと関係を維持しており、台湾も例外ではない。
両国の民主主義国家は、個人の自由、法の支配、人間の尊厳の尊重という共通の価値観を共有している。
本日の声明では、米台関係は常設の官僚機構の勝手な制約に縛られる必要はないし、縛られるべきではないことを認識している。

United States Department of State

We recently redesigned State.gov. Many pages are now on our …

file

最新情報をチェックしよう!